商品概要

1.MILITEC-1について

MILITEC-1
Net 8fl.oz.(236ml)
¥4,104(本体¥3,800)
※商品の価格・仕様は予告なく変更する場合がございます。

MILITEC-1は米国ミリテック社と海軍との共同開発により、米国海軍用に誕生した究極の金属表面改質強化剤です。 従来の添加剤とは異なり、金属表面に分子結合し(化学変化)、より滑らかで強靭な化学的被膜と均質な細孔を隅々まで形成します。 MILITEC-1で改質された金属表面は、油膜が切れにくく、強力なオイル吸着性を発揮し、金属同士の摩擦と磨耗を大幅に低減します。 その効果はオイル交換後も持続し、水や溶剤の中でも効果を発揮します。 MILITEC-1は全く固形物を含まない液体成分のため、あらゆるタイプの鉱物油や化学合成油に完全混合し、 全ての4サイクルエンジン、ディーゼルエンジン、デフ、パワーステアリング、モーター、コンプレッサー等に使用できます。 規定量を注入するだけで、「金属表面を数ミクロンの深さに亘り最適な高潤滑表面へ早期に改質強化し、その改質された金属表面を長期間、高い耐久性を持って保持する」ことができます。 MILITEC-1をエンジンに使用した場合、潤滑用オイルが受け持つ本来の最重要役割である。 「金属表面の適切な潤滑作用」に加え、更に高い効果が発揮できる金属表面を、MILITEC-1の改質効果により創りだします。 MILITEC-1は、「潤滑を受け持つオイルの中に、"ある種の物質"が付加されている間のみ、効果を発揮する」という考え方の添加剤等とは、この点が全く異なります。


ミリテック・ワン
商品紹介ムービー

商品紹介ムービー(カーグッズフォーカス)

右のムービーが携帯電話でご覧いただけます。上記の二次元バーコードにてアクセスできます。


2.特徴とその他との相違

3.用途

四輪・二輪を問わず、全ての4サイクルエンジン、ディーゼルエンジン、ロータリーエンジンに使用できます。過給器の有無も問いません。 2サイクルエンジンのエンジンオイルには使用できませんが、ミッションオイルには使用できます。 その他、トランスミッション、デフにも使用可能です。

4.開発経緯

1984年〜1985年、US海軍の原子力潜水艦において、エンジン部分からスクリューまでの動力伝達系統に種々のトラブルが発生した。 原因を究明、解析の結果、回転摺動部分の潤滑不良及び、海水による錆が主原因と判明し、この問題解決に取り組むこととなった。 海軍としては、従来まで使用してきた潤滑油あるいは、潤滑油添加剤(二硫化モリブデン、PTFE等)では、この問題を解決することは困難と考え、開発の最終目標を『潤滑油がない状態でも動力伝達が出来、 且つ海水による錆も発生しないメタルコンディショナ−の開発』とし、潤滑剤メーカーであるMILITEC 社にこの難題の相談を行った。

MILITEC 社は、この開発テ−マに関してNASAのコンサルタントを受け、US海軍との共同開発によりMILITEC-1 メタルコンディショナ−を完成させた。

以上の様な背景を元に開発されたMILITEC-1 は、共同開発契約の中にペンタゴンの条件として、開発後5年間は一般に販売しないという制約があったため、解除時期となった1990年1月より米国内で販売が開始された。 日本においては、1993年より市場より開発・分野別用途開発が進められ現在の販売体制に至っている。

5.製品の安全性について

米国海軍省では、MILITEC-1 が安全性と生存性の向上に大きく寄与する製品として認定されています。 また、成分的にも発癌物質、PCB等、有害物質は一切含まれていないため、廃棄の際も通常の潤滑油と同様の扱いをして頂けます。

米国労働省安全報告書番号 OMB No.1218-0072 要約:
『MILITEC-1は、有害廃棄物リスト40CFR第261条に抵触せず、同時に発癌物質を含んでいない。OSHA(米国安全規格)第29CFR1910、1200の規定に基づく報告の義務はない。また、PCBも検出されない。従って、有害物質としての認定はされない。』